1. ホーム
  2. 製品
  3. 健康オイル
  4. カボチャ種子油

カボチャ種子油

説明
カボチャ種子油は、生カボチャ(Cucurbita pepo L)種子をコールドプレスによって抽出される。 このオイルには数多くの興味深い特性があり、世界中の何百万人もの人々が副作用や不耐性なしに使用しています。

有効性と栄養成分
カボチャ種子油は、30〜40%のタンパク質、不飽和脂肪酸(そのうちの18.0〜38.0%がオレイン酸、40.0〜62.0%がリノール酸)を含む栄養価が高いオイルです。

カボチャ種子油は、良性の前立腺肥大症(BPH)を有する男性に良いと言われています。研究では、カボチャ種子油がテストステロン誘発性の前立腺成長を阻害することによってBPHを減少させるのを助けることを示しています。

カボチャ種子油は、骨盤底筋を強化することによって過活動膀胱および腹圧失禁に苦しむ女性を助けます。また網膜を保護し、視力喪失の主要な原因の一つである黄斑変性の進行を遅らせるカロテノイドであるゼアキサンチンを多く含みます。

さらにカボチャ種子油は、睡眠を改善するのに役立ちます(抗酸化効果)。コレステロールレベルを低下させることが示されているフィトステロールが豊富です。

詳述
植物学名 Cucurbita pepo L.
植物の一部を使用 種子
起源 中国
製品番号 XQD-PKSO
物理/化学 詳述
外観 透明で明るい黄色い油状
酸価 (KOH mg/g) ≤ 2.0
過酸化物価 (meq/kg) ≤ 10.0
けん化価(KOH mg /g) 174.0-197.0
不けん化価物質 ≤2.0
水分および揮発性物質(%) ≤0.20
ガードナー色数 ≤ 5
冷却試験 0℃で5時間半後に透明になる
残留溶媒(mg/kg)
鉛(ppm) ≤ 0.2
ヒ素 (ppm) ≤ 0.2
カドミウム (ppm) ≤ 0.2
水銀 (ppm) ≤ 0.2
脂肪酸組成
C:16:0 パルミチン酸 % 10.0-16.0
C18:0 ステアリン酸 % 3.0-7.0
C:18:1 オレイン酸 % 18.0-38.0
C18:2 リノール酸 % 40.0-62.0
その他 % 0-5.0

応用
Xinqidianはカボチャ種子油を高品質の食用油、天然化粧品、医薬中間体、栄養補助食品、食品添加物、および健康食品用に提供しています。

特長
カボチャ種子油は物理的にコールドプレスされ、種子中の天然ビタミンおよびミネラルを保持した高純度天然オイルです。

おしらせ
パッケージ:190KG / 200L HPETドラム、輸出基準、窒素パージ、または顧客の要求に応じます。
保管:オイルは涼しく乾燥した場所に保管し、光から保護する必要があります。
賞味期限:元のパッケージで開封していない場合は2年間。 開封後、オイルは窒素パージし、6ヶ月以内に使用する必要があります。

お問合せ