1. ホーム
  2. 製品
  3. 健康オイル
  4. サフラワー油

サフラワー油

説明
サフラワー油は、その独自の脂肪酸組成のために、自然界で最も貴重な植物油の一つで、コールドプレスにより、高品質のベニバナ(Carthamus tinctorius)種子から得られる。 それは、リノール酸(85%最も多い)を含む、必須脂肪酸である不飽和脂肪酸が高濃度である。 サフラワー油に存在する他の必須栄養素は、オメガ-6脂肪酸などがある。

有効性と栄養成分
不飽和脂肪酸が豊富なので、サフラワー油が個体のプロスタグランジンの生成に役立ちます。 これらのホルモン様化学物質は、細胞膜を強化し、身体の適切な機能を助けます。 サフラワー油の最高の健康上の利点の1つは、身体に蓄積された余分な脂肪を除去する効果的な方法であり、結果としてダイエットに効果があると言われています。

サフラワー油のもう一つの利点は、それが個体の心疾患のリスクを減少させる血液中のコレステロールのレベルを低下させるのに役立つことである。 サフラワー油はまた、ビタミンEを含むので、育毛と健康な皮膚の増進、にきび治療にも使用を推奨しています。

上記のすべての他に、サフラワー油はまた、食用油として、またはサラダのドレッシングとして使用することができます。 今では、さまざまなサフラワー油の利点が知られるようになりました。あなたが通常使用するオイルを代替することで、時間を無駄にせず健康で理想的な体を得るでしょう。

詳述
植物学名 Carthamus tinctorius
植物の一部を使用 種子
起源 中国
製品番号 XQD-SFSO
物理/化学 詳述
外観 透明で明るい黄色い油状
酸価 (KOH mg/g) ≤ 2.0
過酸化物価 (meq/kg) ≤ 10.0
けん化価 (KOH mg /g) 186.0-198.0
不けん化物質 (%) ≤ 2.0
水分および揮発性物質(%) ≤ 0.20
ガードナー色数 ≤ 5
残留溶媒 (mg/kg)
鉛 (ppm) ≤ 0.2
ヒ素 (ppm) ≤ 0.2
カドミウム (ppm) ≤ 0.2
水銀(ppm) ≤ 0.2
脂肪酸組成
C:16:0 パルミチン酸 % 5.0-8.0
C18:0 ステアリン酸 % 1.0-3.0
C:18:1 オレイン酸 % 8.0-30.0
C18:2 リノール酸 % 67.0-85.0
その他 % 0-5.0

応用
Xinqidianはサフラワー油を、高品質の食用油、天然化粧品、医薬中間体、栄養補助食品、食品添加物、および健康食品用として提供しています。

特長
サフラワー油は物理的にコールドプレスされ、種子の天然ビタミンとミネラルを保持した高純度天然オイルです。

おしらせ
パッケージ:190KG / 200L HPETドラム、輸出基準、窒素パージ、または顧客の要求に応じます。
保管:オイルは涼しく乾燥した場所に保管し、光から保護する必要があります。
賞味期限:元のパッケージで開封していない場合は2年間。 開封後、オイルは窒素パージし、6ヶ月以内に使用する必要があります。

お問合せ