1. ホーム
  2. 製品
  3. 健康オイル

健康オイル

    1. 有機亜麻仁油
    2. 有機亜麻仁油
      有機亜麻仁油には、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の両方が含まれています。これは健康と皮膚によい成分です。 体内でエイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)に変換する主要な生物活性成分である脂肪酸α-リノレン酸(ALA)が含まれています。 ALAは少なくとも油の50%を占め、大部分は脳内で使用されています。
    1. グレープシードオイル
    2. グレープシードオイル
      ブドウ種子油の栄養成分は、さまざまな健康上の利点をもたらします。最も重要なのは、フリーラジカルの損傷を緩和および逆転させ、病気、特に心臓疾患および遅い老化のリスクを低下させる能力があると言われています。 ぶどう種子油は強力な抗酸化物質で、ビタミンEよりも50倍強力で、ビタミンCより20倍有効です。
    1. イブニングプロムローズオイル
    2. イブニングプロムローズオイル
      イブニングプリムローズオイルは天然のもので、γ - リノレン酸(GLA)の最も豊富な供給源です。 それは約10.0%のGLAおよび68.0-78.0%のリノール酸を含有する。月見草油は、慢性疲労症候群(CFS)、喘息、糖尿病に関連する神経障害、神経皮膚炎、小児の活動亢進、注意欠陥多動障害(ADHD)、胃腸障害などに良いと言われています。
    1. カボチャ種子油
    2. カボチャ種子油
      カボチャ種子油は、骨盤底筋を強化することによって過活動膀胱および腹圧失禁に苦しむ女性を助けます。また網膜を保護し、視力喪失の主要な原因の一つである黄斑変性の進行を遅らせるカロテノイドであるゼアキサンチンを多く含みます。
    1. ザクロ種子油
    2. ザクロ種子油
      ザクロ種子油はフリーラジカルや、皮膚の老化に対抗する高レベルの抗酸化物質を含んでいます。 これは、皮膚のくすみや成熟した皮膚を活性化させ、しわの対策、軽度の皮膚炎を和らげるため、化粧品に一般的に使用されています。 コンジュゲートは強い抗炎症性を与え、腫れを軽減し、筋肉痛や痛みを緩和します。
    1. しそ油
    2. しそ油
      このオイルは、抗アレルギー性、抗炎症性および腫瘍予防性を有することが知られています。 それはまた、コレステロールレベルを低下させるのに役立ち、いくつかの健康被害のリスクを低減させます。 にきび対策のため、しそ油の使用は昔から知られています。 豊富なオメガ3は、老化肌を修復し、強力な抗酸化物質で保護をします。
    1. シーバックソーンシードオイル
    2. シーバックソーンシードオイル
      シーバックソーンオイルは必須脂肪酸の優れた供給源であり、その組成の約70%を占めています。細胞のアンチエイジング、微小循環の強化、抗酸化保護、表皮再生、抗炎症、UV遮断のために日焼け止め化粧品に使用されています。 このオイルは伝統的に胃潰瘍の治療に使用されています。
    1. シーバックソーンベリーオイル
    2. シーバックソーンベリーオイル
      シーバックソーンベリーオイルは、ビタミンや栄養素が豊富で、老化した肌を治療し、しわを最小限に抑え、皮膚を活性化させるために世界中で使用されています。 オイルは抗酸化物質の非常に強力で、皮膚の炎症によって行われる害を最小限に抑えます。 オイルはまた、有害な紫外線を吸収する性質を有し、その放射線減少能力は、多くのクリームおよびローションにおいて重要な成分といえる。
    1. サフラワー油
    2. サフラワー油
      これらのホルモン様化学物質は、細胞膜を強化し、身体の適切な機能を助けます。 サフラワー油の最高の健康上の利点の1つは、身体に蓄積された余分な脂肪を除去する効果的な方法であり、結果としてダイエットに効果があると言われています。
    1. ヘンプシードオイル
    2. ヘンプシードオイル
      化粧品やボディケア製品では、抗炎症、アンチエイジング、乾燥肌のバランスを整え、皮膚の炎症を治し、皮膚病変の治癒を助け、抗酸化剤を含み、湿分バランス特性が活かされています。オイルはさらっとしており、毛穴に容易に吸収され、皮膚軟化剤として、皮膚の若返りと保湿性を持ちます。
    1. ルリヂサオイル
    2. ルリヂサオイル
      ルリヂサオイルは、高血圧、抗炎症、腫脹および痛みの軽減。眼圧、関節または筋肉の平滑筋を軽減。女性の皮膚状態を改善し、皮膚バリア機能を改善する血管の血管拡張を助けることが示されている。 血圧低下効果、血液凝固能、アレルギー反応、およびホルモン合成を有することも判明している。
    1. ブラックカラントオイル
    2. ブラックカラントオイル
      ブラックカラントオイルは非常に効果的な抗炎症薬草です。 このオイルは慢性炎症状態、痙攣、および痛みに最もよく使用される。 それはまた、免疫システムを向上させ、月経周期および更年期障害を有する女性を助け、同時に月経前症候群に伴う不快感を緩和する。また、皮膚障害を治療するためにも使用される。
    1. つばき油
    2. つばき油
      つばき油は心臓の健康に良い。コレステロールを含まず、高レベルのモノ不飽和脂肪酸を含む。 また、AおよびBビタミンの優れた供給源です。 モノ不飽和脂肪酸は、血圧を下げ、心機能を改善するのに役立つ。 つばき油は、病気と老化の兆候と戦う抗酸化特性を有する可能性がある。
    1. ウォールナッツオイル
    2. ウォールナッツオイル
      ウォールナッツオイルの利点はより容易に明らかになっている。 ウォールナットオイルは、心臓病、癌、体重の問題を防ぐのに役立つオメガ3脂肪酸の優れた供給源です。 また、抗酸化物質が豊富です。 ウォールナッツオイルは、エラグ酸を多く含有し、悪性腫瘍の複製を抑制し、抗細菌性、抗炎症性、抗ウイルス性および防腐性を有する。
    1. アプリコットカーネルオイル(アーモンドオイル)
    2. アプリコットカーネルオイル(アーモンドオイル)
      アプリコットカーネルオイルは、ボディマッサージを施すためにアロマセラピーで広く使用されています。 オイルは皮膚に柔らかく輝く美しいタッチで、容易に吸収され、大きな皮膚軟化剤として役立ちます。 体内の湿気バランスを整える。それは偉大な潤滑剤を作るので、かゆみや炎症と戦う助けになります。